保育士の資格は専門学校でもとれる

今は待機児童が社会問題となっています。


その一因が保育士が不足していることです。

保育士の専門学校の相談ならココです。

その資格について、どんな資格なのか説明します。まず、保育士は国家資格です。

いろいろな産経ニュースはこちらのサイトで情報公開中です。

厚生労働省の管轄で保育の専門家です。

保育園は福祉施設としての役割で家庭で行う育児を専門家が行うというイメージです。


幼稚園教諭資格との違いは幼稚園は文部科学省の管轄で学校としての位置づけであるということです。
児童の対象年齢も少し違います。
保育所では0歳から就学前、幼稚園は3歳から就学前になっています。

保育士になるには厚生労働大臣指定の大学、短大または専門学校などの保育士養成施設の単位を取得すれば、卒業時に保育士資格を取ることができます。


そのような保育の学校を卒業していなくても、資格試験に合格すると取得できます。
学校教育法に基づいた大学、短大、専門学校を卒業していれば保育とは関係ない分野の学校でも受験資格があります。


他には実務経験がある場合も受験資格として認められます。
細かな規定がありますので、ご自分で確認した方がよいでしょう。
受験資格の要件が割合幅広いので、社会人になってからも挑戦しやすい国家資格です。そのため社会人でも受験資格があれば資格試験を受けて取得することが可能です。

その際には専門学校で学ぶのが、独学より確かです。専門学校によってカリキュラムや費用は様々なので資料請求をして自分にあった学校を見つけましょう。



これから社会的にも力を入れていかなければならない分野なので求人は多く、将来的にはこれまでより給料などの待遇面も良い方向に見直されていくでしょう。